コンサート「 東洋と西洋の弦による 近世への旅」4月13日(土)

4月13日(土)

昼公演 14:30~16:00(14:00開場)
夕公演 17:00~18:30(16:30開場)
※約1時間の演奏後、30分程度学芸員による展示解説
※当日は19:00まで開館

会場 きび美ミュージアム
料金 一般 3000円 きび美倶楽部会員 2300円
(いずれもミュージアム入館料込)

要予約 きび美ミュージアム 086-425-8080 までご予約ください。

 

ギターリスト Peter Joseph Zisa (ピーター・ジョセフ・ジザ)

8歳より、ジャズギタリストのマイク・スパー氏に師事。アンドレス・セゴビアのリサイタルを聴き、クラシックギターに開眼、13歳より演奏活動を始める。カリフォルニア州立大学在学中、セゴビアのマスタークラスに選考され、演奏後、セゴビアへの個人的インタヴューの機会を得る。ホゼ・トマス、ぺぺ・ロメロ、オスカー・ギリア他、著名ギタリストに教えを受け、クラシックギターコンクール優勝などを経て、ソロ演奏家として活躍。
過去15年間、パシフィック大学、メリルハースト大学で、音楽史、音楽理論などを担当しながら、ギター学科のディレクターを務める。
現在はギター専門書の執筆に加え、ソロ演奏はもとより、多彩なジャンルの音楽家とのコラボレーションで、演奏活動を続ける。地元では数々のコンサートを主催し、音楽と文化教育の普及、若い音楽家のサポートに尽力している。教育学博士。
NPO Casa Della Zisa Collegium Musica 代表。ポートランドギター協会役員。

 

箏曲演奏家 山路みほ

東京藝術大学音楽学部卒業。長谷検校記念第5回全国邦楽コンクール全部門総合第1位をはじめ、数々のコンクールにて優勝。全国ツアー、オーストラリアツアー、ヨーロッパツアーなど、国内外にて数多くコンサートを行っている。2013年度には文化庁より文化交流使に指名され、ロシア国立モスクワ音楽院にて教授活動や演奏活動を行う。日本国内でも「吉幾三ショー」やNHK教育テレビ「芸能花舞台」、NHK-FMラジオ「邦楽のひととき」などに度々出演。邦楽の古典や現代曲はもちろん、洋楽器やオーケストラ、各国の伝統楽器との共演、落語や華道・お芝居・ミュージカルとの共演や朗読コンサートのプロデュースなど、邦楽の枠を超えた幅広い活動を繰り広げている。岡山芸術文化賞準グランプリ受賞、倉敷市文化連盟奨励賞受賞、福武文化奨励賞受賞。2013年度文化庁文化交流使。
現在、東京藝術大学同声会会員。岡山大学非常勤講師。